全国初の農業参入コンサルティング会社 株式会社農テラス。企業の農業参入や農業で起業をしたい方のコンサルティングを通して日本農業の発展を目指します。

株式会社農テラス

農テラスチャンネル

お問い合わせ 経営相談 096-286-2374

Eラーニングはこちら

MENU

自分の農産物を売り込みたい農家の最強営業術

2020.12.16 コラム

皆さんこんにちは農業パーソナルトレーナの山下弘幸です。

今回の、農テラスコラムのテーマは農家の営業の仕方について

 

若手農家からの質問で

「山下さん、農家の営業ってどうやるんですか」ってよく聞かれます

 

そこで「いやー私は営業が苦手なんですよね~」ってお答えすると

 

えー山下さんがですか?って

 

私は話がうまく、人に説明するのも得意です

だから営業が上手そうに見えるらしいんです

 

でも営業(売り込み)ってそういうことじゃないんです

 

結論を言えば

 

営業とは

 

「相手にしゃべらせることなんです」

 

営業って自分の商品サービスを買ってもらう、使ってもらうことですよね

 

だから売り込みたい!って気持ちはわかります。

でも、お客様からしてみれば売り込まれたところで

 

バリアを張るのがフツーです

 

皆さんも売り込まれたた嫌ですよね

 

でも、全く売り込んでこなくて

逆に、こっち側の話を真摯に聞いてくれる営業マンだったらどうでしょう?

 

この営業マン全く売り込んでこない

それどころかこっちの話を聞いてくれて

 

うん、うんってうなずいてくれる

って心開いてくるんです

 

そしてつい、こっち側の情報を出したり

困っていることを話し始めるんです

 

営業とは

相手がどんなことに困っているか、不便を感じているかを知ることが大事です

 

そしてその困っていること、不便に感じていることに対して

 

うちの商品、サービスをご利用いただければ

その悩み、お困りごとは解決できますよって

 

案内してあげればよいのです

 

いかがでしたか?

 

営業のやり方って売り込んじゃいけないんです

コチラからあれこれしゃべり倒したらいけないんです

 

一生懸命にどうやって作って、どうやって育てて

だから買ってくださいって

 

若手農家は

そういう営業やっちゃだめですよ

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

農を耕すことも大事ですが、脳を耕す農家を作る!

ということで、

新しい農業者、新し思考を持った農業先駆者のために

毎週メルマガ(無料)を発行しています。

ご興味ある方はこちらからご登録のほどお願いいたします。

一緒に脳を耕しましょう!

メルマガ登録フォーム
https://notera-seminar.com/mz.html

脳を耕せ!農ビジセミナー「メール講座」

 

CONTACT US

只今、無料経営相談を承っております。
お気軽に御相談下さい。

電話受付:平日9:00~18:00