全国初の農業参入コンサルティング会社 株式会社農テラス。企業の農業参入や農業で起業をしたい方のコンサルティングを通して日本農業の発展を目指します。

株式会社農テラス

農テラスチャンネル

お問い合わせ 経営相談 096-286-2374

Eラーニングはこちら

MENU

【農業コラム】農家の選択と覚悟

2020.06.08 コラム

現在私が執筆させていただいております

熊本日日新聞 夕刊 「一筆」に連載中のコラムをお届けします 5月29日付

「農家の選択と覚悟」

 

 

農作業が忙しいから人を雇う―。これは根本的に間違っています。

なぜなら農業の人手不足は慢性的なものではなく、一過性が多いからです。

例えば、稲刈りの時期に冬作のキャベツの植え付けが重なるとか、

田植えとトマトの収穫が重なるとか。農業は1年のうち、農作業が暇な農閑期もあるので、

年間雇用するのが難しいのです。

これまで農家や農村では家族、親戚、ご近所の方々に協力してもらうなど、

互いに労力を提供し合ってきました。これを加勢(かせい)といいます。

しかし、時代が変わり、加勢もただというわけにはいきません。

手伝ってもらうと気を使ったり、親戚や近所の付き合いも

相互扶助的な関係が希薄になったりで、繁忙期の人手をどう確保するかが問題になっています。

 

だからといって常時雇用をすればその分、人件費が生じます。

農業は先行投資型なので、不作や市場価格の下落で収入が減っても

給料を支払わなければなりません。

 

これから農家は厳しい選択を迫られます。このまま家族経営でいくのか、

外部から人を雇う雇用型経営に転換するのか。いずれにしても大きな覚悟が必要です。

 

人を雇わない農業には、家族内労力の分散と小規模多反収の技術研磨が不可欠です。

一方、人を雇うには、安定的な売り上げと利益を上げるために、規模拡張と安定した

取引先の確保を目指さなければなりません。このように人を雇うか雇わないかで

全く違う経営になります。隣が人を雇ったからわが家も雇おう―。これは絶対にダメですよ。

CONTACT US

只今、無料経営相談を承っております。
お気軽に御相談下さい。

電話受付:平日9:00~18:00