全国初の農業参入コンサルティング会社 株式会社農テラス。企業の農業参入や農業で起業をしたい方のコンサルティングを通して日本農業の発展を目指します。

株式会社農テラス

農テラスチャンネル

お問い合わせ 経営相談 096-286-2374

Eラーニングはこちら

MENU

焼き鳥屋さんを頭の中で開業してみたら赤字だった。

2021.05.04 ブログ

こんにちは脳を耕す農業講演家の山下弘幸(やましたひろゆき)です。

今回の、農テラスブログのテーマは

焼き鳥屋さんを頭の中で開業してみたら赤字だった。

ゴールデンウィーク期間にやってみたかったコト。

 

それはBBQ。

 

唯一の私の趣味であるBBQ。とはいっても

好きなのは火を起こしてゆっくりするのが楽しみ。

 

せっかく火を起こしたのならと炭火で肉や魚を焼いて食べてるとおいしいので

正確にはBBQは「ついで」である。

 

タープを張って椅子とテーブルを並べ

グリルに炭を入れて着火する。手慣れたもので30分もあれも

準備は完了する。

 

最近「火おこし」は、実家でやることが多くなった。

 

理由は3つある。

1,コロナ禍でキャンプ場でさえ密だといわれること。

2,やたらな場所で火を使うと山火事や煙害や騒音など気にすべきことが多い。

3,実家の親の様子伺いも兼ねることができる。

 

ということで、今回も実家でBBQをやることにしました。

すると最近めっきり外に出なくなった父が「焼き鳥を焼いて食べたい」と言い出した。

 

とその辺の焼き鳥屋から買ってきて食べさせたのだが

どうも違うらしい。

 

どうやら、その場で焼いて食べたいということらしいのだ。

 

私の父は戦前生まれ正式には第二次世界大戦開戦の日に生まれた。

貧乏な暮らしをしていたので実家で飼っていた鶏をさばいて食べるのは

超贅沢で特別な日にしか食べることができないごちそうだった。

 

私は経験ないが親の世代は鳥をさばくことができる。

その鳥を余すところなく食べていたのだ。

当然その頃は牛肉や豚肉なんて高価すぎて食べることはできない。

今の若い人は知らないかもしれないが、ステーキのことを「ビフテキ」と呼んでいた

時代の人だ。

 

さあ、これからが私の修行が始まる

鶏肉もも肉を買ってきて、一口サイズに切り分ける。

しかし、まず皮と身に分けるところからだ。これがなかなかうまくいかない。

次に一口大に切るのだが焼き鳥屋さん見たにいに同じ大きさで切り分けるはかなりムズイ。

そして難関の鳥皮。これかとにかく切りにくい。

何とか切り分け、次は串に刺す。

 

間にネギを挟めばネギまができる。

余談だがネギが今高くて驚いた。1本100円。

鶏肉より高いじゃないか!

 

なんてことを思いながら

ねぎま、モモ、皮、すなずり、ついでに海老串、豚バラ、ウインナー合計60本が完成した。

 

 

さあ、ここからいつも私がやるコスパ計算をやってみましょう。

 

まずは人件費。

買い出し1時間、切込み調理下ごしらえ2時間、火おこし会場設営30分、焼き作業1時間半。片付け諸々1時間として計6時間。パート時給1000円として人件費6,000円で換算。

 

鶏肉800円、ウインナー300円、豚バラ400円、海老300円。食材料費は1800円。

炭200円なので材料費計2000円程度。

 

人件費、材料費合計8,000円。

 

製造原価は8000円÷60本=133.3円!

 

おー!原価だけで130円。

仮に、これを1本150円で売ったところで粗利は20円/本

ってことは60本打ったとしても粗利1200円か~

 

1本150円の串を130円の原価で作る。

これは、原価率86.6%、粗利率13.3%のビジネスということです。

 

いかがです?儲からないビジネスですよね。

私だったら絶対にやりません。

 

飲食業をやるなら原価率を30%まで抑える工夫をしますね(^^♪

儲からないと次のサービスに投資ができませんからね。

 

おっと、また皮算用するクセが出てしまいました。

 

火を起こしたり、アウトドアで食事したりするのって

楽しいですよね。

 

今回は私の趣味のお話でした。

山下弘幸(やましたひろゆき)プロフィール
https://drive.google.com/file/d/1Oa6FE0L4Ub6VyUMznSUZItocqbXEUtt6/view?usp=sharing

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

現在、若手農家や農業関係者に「稼げる農業」をテーマにした講演、
セミナーを全国各地で行っています。
最新の講演、セミナー情報はコチラ

https://notera.co.jp/seminar/

農テラス主催の
農業ビジネススクールではzoomを活用したオンライン形式で

農家もできる

「ネット販売のやり方がわかる講座」や「新しい農業経営のやり方講座」
を実施しています。

詳しい講座の内容や開催日時はコチラ

農業ビジネススクール

私のテーマは
農業界を明るく照らす!

実践しているのは
「農を耕す」だけでなく、「脳を耕す」です

具体的には
経営感覚、ビジネス感覚に優れた農業者を全国各地に作ります。

そうすることで全国1718の市町村に
新たな農業者が生まれ、地域、農村は活性化します!
そして日本が活性化します!

ということで、

新しい農業者、新し思考を持った農業先駆者のために

毎週メルマガ(無料)も発行しています。

ご興味ある方はこちらからご登録のほどお願いいたします。

一緒に脳を耕しましょう!

脳を耕せ!農ビジセミナー「メール講座」
メルマガ登録フォーム

https://notera-seminar.com/mz.html

 

もう、ご購読いただけましたか?
新しい農業をリードする若手農家、新規農業者におススメの1冊です

山下弘幸著
稼げる!新農業ビジネスの始め方(すばる社)

本を読んでのコメントをお聞かせください。

農テラスは行動するあなたを応援します

info@notera.co.jp

お求めはコチラからどうぞ


CONTACT US

只今、無料経営相談を承っております。
お気軽に御相談下さい。

電話受付:平日9:00~18:00