全国初の農業参入コンサルティング会社 株式会社農テラス。企業の農業参入や農業で起業をしたい方のコンサルティングを通して日本農業の発展を目指します。

株式会社農テラス

農テラスチャンネル

お問い合わせ 経営相談 096-286-2374

Eラーニングはこちら

MENU

農家のお正月はつらい

2020.12.30 コラム

皆さんこんにちは農業パーソナルトレーナの山下弘幸です。

今回の、農テラスコラムのテーマは「農家のお正月」

 

お正月は親戚が集まります。

わが家も本家なので親戚が集まってくるのが習わしです

しかし、とても楽しくない

理由は母が大変だから

長男の嫁としてこのような宴の席で

母はかなり苦労していた

親戚と言えどもお客様。

その接待に数日前からてんてこ舞い

そして私が結婚して

私妻も同様にお盆とお正月は

実家で親戚をもてなすことが慣習となっていた

ではなぜ?私が楽しくなかったのか?

それは

その宴が終わった後の母と嫁の愚痴を聞かされるから

母は母で嫁姑問題があり、

妻は妻で嫁姑、そして小姑の問題がある

お正月は私の姉たちも実家に帰省する

そのもてなしは私の妻である

姉たちは実家だから自由だ

一方嫁はは自分ちなんだけど

まだ嫁の立場

そうなると嫁の不満は募るばかり・・・

しかし、これがやがて逆転する

 

嫁がその家を牛耳るようになる

そうすると姉たちは実家に行きつらくなる

 

私が家督となればなおさらである

実家は弟、もしくは兄の家となり

嫁に出た姉や妹たちは

外部からのお客様になる

 

今、お正月にご主人の実家に行くのが億劫な方は

たくさんいるでしょう

 

なぜなら「アウェイ」だから

 

そのグランドを「ホーム」に替えなければ

楽しいはずのお正月が「ブルー」になるでしょう

 

どうすればよいか

それはその家で主導権を握ることです

ちょっと時間はかかりますが、主導権を握ることこそ

楽しいお正月を迎える秘訣です

 

そうやって母も祖母から主導権得てきたし、

私の妻も母から主導権を得ました

 

そしていつかは息子の奥さんに

主導権を渡すことになるでしょう・・・

 

いや、そのころはそんなことは気にしないでよい時代になっているかもしれませんね

 

ちなみに、この主導権争いは

男の私にはわかりません。

 

ただ、宴の後の嫌味を聞くのがつらい・・・

 

ご主人もご主人なりにつらい思いをしているはずです

 

ということでご主人も奥さんとともに

主導権をにぎれるように努力してあげてください

それが

 

あなたにとっても嫌味を言われる地獄からぬけだす最大の方法ですよ(^^♪

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

農を耕すことも大事ですが、脳を耕す農家を作る!

ということで、

新しい農業者、新し思考を持った農業先駆者のために

毎週メルマガ(無料)を発行しています。

ご興味ある方はこちらからご登録のほどお願いいたします。

一緒に脳を耕しましょう!

脳を耕せ!農ビジセミナー「メール講座」の

メルマガ登録フォームはこちらからどうぞ

https://notera-seminar.com/mz.html

山下弘幸著
稼げる新農業ビジネスの始め方(すばる舎)

重版決定!
まだお求めでない方はコチラ


CONTACT US

只今、無料経営相談を承っております。
お気軽に御相談下さい。

電話受付:平日9:00~18:00