全国初の農業参入コンサルティング会社 株式会社農テラス。企業の農業参入や農業で起業をしたい方のコンサルティングを通して日本農業の発展を目指します。

株式会社農テラス

農テラスチャンネル

お問い合わせ 経営相談 096-286-2374

Eラーニングはこちら

MENU

フランス料理に欠かせない”タラゴン(ハーブ)”栽培しています

2020.11.06 お知らせ

今回は私がお手伝いしている農場で栽培しているハーブについてご紹介します

大分県臼杵市にあるむらおかファームではいろんなハーブを栽培しています

今回おすすめなのが「タラゴン」

日本ではなじみがなくあまり知られていませんが

高級ハーブで国産はあまり見かけないようです。

栽培方法も難しく特に越冬させるのが困難で

加温してあげないと育ちません

ここでは夏だけの生産ですので冬は注文をお断りしています

むらおかファーム

トップページ

さて、タラゴンの調理法について少し解説します

私は料理は詳しくないので

色々とネットで調べてみたら主に次のことが書いてありましたので

ご参考までに掲載いたします

フランスではエスカルゴ料理には必須とされているタラゴン。

ニンニクみじん切りとバターをまぜて味付けするそうです

このバターソース自体はあらゆる料理に活用できるのでとってもオススメということです

グリルしたビーフやチキン、シーフード等にこのタラゴン&ガーリック風味のバターを溶かし、

かかえると臭み消しになるということでフランス料理に欠かせないハーブとありました。

 

調理方法は

細かく刻んだタラゴンを、マヨネーズやタルタルソース、マスタード、ドレッシングに加えれば

とっておきのソースが簡単にでき、

シーフードフライやカット野菜に付けると、最高だとか

フランスではタラゴンをワインビネガーに浸した「タラゴンビネガー」をよく作ることがあるようで

これを活用してドレッシングやマヨネーズ、タルタルソースに仕上げていくことが多いようです

 

参考資料:https://www.spiceluck.jp/spice/knowledge/2597/

CONTACT US

只今、無料経営相談を承っております。
お気軽に御相談下さい。

電話受付:平日9:00~18:00