全国初の農業参入コンサルティング会社 株式会社農テラス。企業の農業参入や農業で起業をしたい方のコンサルティングを通して日本農業の発展を目指します。

株式会社農テラス

農テラスチャンネル

お問い合わせ 経営相談 096-286-2374

Eラーニングはこちら

MENU

系統出荷、農協共販はやめるべきですか?ご質問にお答えします

2020.09.09 ブログ

系統出荷、共販はやめるべきか?

 

新規就農した若手農家から次のような質問をいただきましたので

今回ブログとyoutubeでお答えしたいと思います

 

Q、現在農協の共販に出荷しています。このままでよいでしょうか?

A、共販農業は「共販」農業のメリットを最大限に活かすことが重要です

共販をやめたら、フリー販売のメリット最大限に活かすべきです

 

では

共販のメリットについて考えてみ見ましょう

・選別、梱包作業をやらなくてよい

・選別パートを雇ったり、梱包資材を自分で調達しなくてもよい

・選果場にも持ち込むだけで配送費、配送労務がいらない

・個人ブランドでなくJAブランドとして市場で評価してもらえる



逆に、デメリットを考えてみましょう

・売り上げから選別、梱包作業にかかる資材費負担しなければいけない

・売り上げから梱包出荷費用を負担しなければいけない

・出荷手数料、配送料負担しなければいけない

・個人ブランドは確率できない

 

次に

自社独自で販路を開拓した場合のメリットについて考えてみましょう

・選別、梱包は自社で行うことができるので自社基準で取引先に合わせることができる

・選別、梱包経費を抑える努力ができる

・配送費も独自で開拓することができる

・個人ブランドとして個人の信用を築くことができる



逆にデメリットを考えてみましょう

・選別、梱包基準を自社で決めなければいけない

・選別、梱包経費を自社で管理しなければいけない

・配送、梱包資材経費を自ら管理しなければならない

・出荷した商品品質の責任は自社で請け負わなければならない

 

以上のように

共販が良いのか、自社独自販売が良いのかは

表裏一体。

 

あなたはどのタイプですか?

 

今回の内容は動画でも解説しいます

こちらからご覧ください

https://youtu.be/1ViJH10cYY4

CONTACT US

只今、無料経営相談を承っております。
お気軽に御相談下さい。

電話受付:平日9:00~18:00