全国初の農業参入コンサルティング会社 株式会社農テラス。企業の農業参入や農業で起業をしたい方のコンサルティングを通して日本農業の発展を目指します。

株式会社農テラス

農テラスチャンネル

お問い合わせ 経営相談 096-286-2374

Eラーニングはこちら

MENU

脳を耕せ!農ビジセミナー「メール講座」第5号

2020.07.14 ブログ

今日は私はあなたのファンになりました!ってお話です

脳を耕せ!農ビジセミナー「メール講座」
いつもご覧いただきありがとうございます。
農業パーソナルトレーナーの山下弘幸(やましたひろゆき)です。

2019.9.13

今日は私はあなたのファンになりました!ってお話です

ちょっと長くなりますが、
これからの農業のトレンドとなる農業経営に役立つ情報です
最後までお付き合いいただければありがたいです。

先日年1回の人間ドックに行ってきました。

結果は・・・・

なんと

要精密検査!

おーーー!ショック!

私としたことが・・・

日頃の不摂生な習慣が祟ったのだ―

ということで普段病院に行かない私が
覚悟を決めて病院探し・・・・

「高血圧」「病院」ってキーワードと打ち込んで

Googlで検索。

すると1番最初に掲載されている病院があったので

その病院をクリック

そこは小さなちいさな個人の病院の
ホームページ。

その
ホームページを開いてみると

そこには・・・・

当院はすぐにお薬を大量に出したり

無駄な検査をお勧めしたりしません!

て書いてありました。

ほー。

これは良い。

でも本当かなー?

でも、私も時間が取れないので
取り急ぎ行こう

っということで

次の日
朝いちばんにその病院へ

ネットに情報が記載されていたのでわかったが、
なかなかのわかりにくい場所。

こんなところに病院あるの?って
言うようなへんぴな場所に

その病院がぽつーんと。

あやしい・・・・

建物もなかなかの昭和後半から平成初期の
建物っぽくて

なんだか覇気がない・・・

病院に入るとどうやら私が
最初の客らしく
院内はがらーんと静まり返っている。

受付の女性が

どうされました?
当院は初めてですか?

はい。

ではそちらでお待ちください。

9時回診なのに8時半に行った
私は最初の患者。

狭い受け付ロビーは
15人程度で満席になるように狭い空間。

しかし、患者は私ひとり。

しまった!病院間違えた!
とんでもない「やぶ医者」の所に来てしまった・・・・・

そんな風に後悔し始めた時、

「やましたひろゆきさん」どうぞー

診察室に入ると

そこには

白服のかっぷくの良いドクターが・・・
年のころでは50歳半ば。
決してきれいな病院ではないので
おそらく先代から引き継いだ2代目の
院長だろう。

小さい丸いメガネをかけているから
やたらと顔が大きく見える。
なんか医者のオーラが凄い!

「血圧が高いようですね」

きたー

やっぱり・・・・

血圧降下剤を進められる~

「問題ないようですね」

「へ?」

検査結果の他の数値(血液検査)を見る限り

心配いらないようです。

最近はどうですか?

いや、あの特に問題はないのですが・・・・

要精密検査って通知が来たので・・・・

良かったですね、

当院にこられて。

へ?

その辺の
総合病院では何か問題の数値が出たりすると

すぐに処方箋書いて大量の薬を出しちゃうんです。

当院では患者様のデータ、顔色、ヒヤリングをしっかり行って

診察いたしますので、特に精密な検査をお願いされない限り

施行しません。

今日山下さんのお顔、体調、これまでの生活習慣をお聞きする限り

大丈夫のようです。

むしろ
検査結果の数値を見る限り、
長生きされる方との同じ数値だといってよいでしょう!

きたーーー!

そうそう!

こういうことを患者は聞きたかったんだ!

これこそ!

インフォームドコンセント

注1日本語では「説明と同意」とも訳されています。受けようとする医療行為について、

その目的や方法、予想される結果や危険性など、患者が十分な説明を受け、

そのうえではじめて同意するという意味。出展:ウキペディア

いまの世の中、情報があふれ

すぐに脅しにかかる情報ばかり・・・・

こんな風に

安心してくださいって

言ってくれるひとって

めっちゃ大事ですね!

安心感を与えてくれる院長に出逢えてなんか
とても嬉しくなっちゃいました。

そして、
診察室から出るとそこには

信じられない風景が・・・・・

なんと

受付ロビーに

20名ほどの患者さんが

来ていたんです!

年のころで80歳くらいのおばあちゃんから
7歳くらいの女の子まで
老若男女が

狭いロビーにぎっしりと・・・・

この人たちって

おそらく、この病院のファンなんです。
おそらく、院長のファンなんだと思います。

カラダの具合が悪くなった時、
あの先生に診てほしいって思っているんです。

病院なんてたくさんあります。
検索すれば山ほどヒットします。

その中からあの病院に行こう!
あの院長に視てもらいたい!

そう思っているのです。

もちろん私も体調がわるくなったら
この病院に行こうって、この院長に診てもらおうって決めました。

あ!

いつの間にか私もこの病院、この院長のファンになってる!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最近農業で観光農園とまではいかなくとも
自分の農園に人が集まるようなことできないかなーって思っている人が
たくさんいらっしゃいます。

例えば、体験教室や農家レストランとか、芋堀イベントとか
田植え大会とか、

でも、一方でこんなところにお客さんがきてくれるワケないよな~って
やる前からあきらめている方もたくさんいらっしゃいます。

こんなことやりたいんだけど無理だろうって考えている人の大半は

人が集まるかな~?

なんです。

ヒトが集まらなかったらどうしよう?なんです。

こんなところにヒトが集まるワケないって思っているからなんです

そこで失敗しちゃうのが、人を集めるために、

一生懸命に中身(商品、サービス)を磨くことだけに集中しちゃうんです。

中身を一生懸命に磨くのは良いのですが、

そういう人って
お客様にどうやって知ってもらうか、選んでもらうか、そして来てもらって
お支払いをしてもらうか・・・・は全然考えないんです。

観光農園、体験農園、農家レストラン、直販所運営、web販売といった
スモール農業をやりたいって方が

本当に磨かなければいけないのは

どうやってヒトが集まる仕組みを作るか?

なのです。

ですから現在、
この内容をスモール農業コースで実践できるように講座を開催しています。

そして今回は特別に
その内容を集約した農ビジセミナー(無料)を開催いたいと思います。

次の中で一つでも当てはまるものがある方は是非ご参加ください
◆大規模農業は自分には合わない!
◆規模拡張は自分の地域では難しい!
◆こだわりの農産物を直接お客様に届けたい!
◆自分だけのお客さんと繋がって楽しい農業をやりたい!
◆どうやってお客様と繋がって良いかわからない!
◆自分の商品の売り込み方がわからない!
◆SNSを使って農産物の売買がしたい!
◆自社製品をブランド化したい!

【セミナーテーマ】

これからの農業のトレンドになる観光農園、体験農園を始める1年前に
はじめなければならないこと

日時  :9月21日13:30~15:30
会場  :農テラスセミナールーム
アクセス:以下ご参考ください
定員  :先着20名限定(メルマガ会員様優先)
参加費 :無料

お申込みはコチラ
https://notera-seminar.com/inq

CONTACT US

只今、無料経営相談を承っております。
お気軽に御相談下さい。

電話受付:平日9:00~18:00