全国初の農業参入コンサルティング会社 株式会社農テラス。企業の農業参入や農業で起業をしたい方のコンサルティングを通して日本農業の発展を目指します。

株式会社農テラス

農テラスチャンネル

お問い合わせ 経営相談 096-286-2374

Eラーニングはこちら

MENU

コロナショックより大きい、暖冬ショック?

2020.02.29 コラム

コロナショックが全国、いや世界を駆けまわっている

先日安部首相が全国の学校休校要請をしたばかりだが、

経済への余波はますます広がっていくようだ。

 

ディズニーランドも臨時休園するという

各地の観光地、行楽地、イベントも次々に自粛、延期、中止されている。

つまり、

人の動きが鈍くなっているのだ。

 

もちろん人が出歩かないための処置をとっているので

当然このような現象が起きているのだが、

 

併せて大変な事態になってきている。

 

それはトイレットペーパーが店頭からなくなっているってこと。

 

まさか、昭和のオイルショックと同じように

トイレットペーパーがなくなるってデマによって

買いだめし始める人が出だしたからだ。

 

 

もちろんトイレットペーパーがなくなるなんてことはなく、

同様にゴミ袋がなくなるなんて心配は無用らしい。

背景にあるのは中国産のモノが手に入らなくなる

ということだ。

これで、

今の日本はいかに中国産に依存していたのかがわかる

特に農産物は如実だ。

 

29日付の日経新聞によると

中国産の輸入が6割も減っているという

 

参照:日本経済新聞令和2年2月29日付

特に生鮮使用する

ニンニク、玉ねぎに影響が出る恐れがあるとのこと。

しかしながら

ニンジン、ネギ、キャベツは中国産に依存しているため

これからの市況に影響を与えそうだ。

しかし、記録的な暖冬により

農産物の入荷は潤沢だ。

 

参照:日本経済新聞令和2年2月29日付

これまでは中国産もあり、

国内産が潤沢だったために

野菜の相場は安値で推移していた。

 

ここにきてコロナショックで中国産野菜の輸入が減ることで

やっと野菜の価格が上がるかと思いきや

やはり暖冬による豊作で供給量が上回り

 

やっぱり野菜の値段は上がらない・・・・

 

参照:日本経済新聞令和2年2月29日付

コロナショックよりも

 

我々農業者にとってみれば

 

13年前の暖冬を上回る1946年統計開始以来の

 

記録的暖冬は

 

かなりショックな出来事である。

 

 

 

 

 

CONTACT US

只今、無料経営相談を承っております。
お気軽に御相談下さい。

電話受付:平日9:00~18:00