全国初の農業参入コンサルティング会社 株式会社農テラス。企業の農業参入や農業で起業をしたい方のコンサルティングを通して日本農業の発展を目指します。

株式会社農テラス

農テラスチャンネル

お問い合わせ 経営相談 096-286-2374

Eラーニングはこちら

MENU

上益城地域農業振興協議会主催 農産物のマーケティング戦略セミナー

2019.02.25 プレスリリース

農産物のマーケティング戦略についてセミナーを開催

御礼状(山下社長様)

主催は農テラスの地元である上益城振興局。

マーケティングで大事なことは 3つ

1、おカネをいただく側のマインドシフト

つまり、農業者は「作り手」という意識だけでなく、商取引をするという「売りて」どうい

意識にシフトすることが大事です。

2、買い手の要望を的確に知る

買い手と行っても卸売り市場、仲買人、スーパー、百貨店などの量販小売り、外食中食などの

食品加工業者、はたまた、web販売や道の駅など直売する場合の末端消費者など買い手は様々。

であるならばその買い手の心情を知らねば到底おカネはいただけません。

大半がと自己都合で生産している農業者が稼げないのは買い手に耳を傾けていない。

大きなポイントです

3、商品を把握し的確に伝える

的確に伝える。これが意外と農業者はできていな。

いつから、何が、いくらで、どれくらい。

この4つのキーワードを明確に言える農業者ってどれくらいいるのだろう?

特に値段。いくらで売りたいのかを明確に言えることができれば

マーケティング戦略を立てられるのだが、売値がわからない農業者には

マーケティング以前の段階となる。

しかし、農産物の値段って市場相場を引き合いに出してはだめですよ。

あくまで自社の原価を知った上で売値卸値を決めてくださいね。

火星いでいる農業者はこれら3つを明確に実行しています。

 

なんとなく今年は儲かった。って来年は?どうなるんですか?

今年も、来年も、再来年も確実に利益を上げていくには

しっかりとしたマーケティング戦略を立てましょう。

 

稼ぐ農業をもっと学びたいって方は

農業ビジネススクールを開講します。こちらでしっかりと

学んでみてはいかがでしょか。

農業ビジネススクール

 

 

CONTACT US

只今、無料経営相談を承っております。
お気軽に御相談下さい。

電話受付:平日9:00~18:00