全国初の農業参入コンサルティング会社 株式会社農テラス。企業の農業参入や農業で起業をしたい方のコンサルティングを通して日本農業の発展を目指します。

株式会社農テラス

農テラスチャンネル

お問い合わせ 経営相談 096-286-2374

Eラーニングはこちら

MENU

これから流行る野菜の見つけ方

2021.01.23 コラム

こんにちは農業パーソナルトレーナの山下弘幸(やましたひろゆき)です。

今回の、農テラスコラムのテーマは これから流行る野菜の見つけ方

あなたの商品を買うのは誰ですか?この質問に答えらないと

売上は伸びない。あなたの商品を買ってくれる人はあなたの商品が欲しいから

買ってくれる。なのに、あなたの商品が「欲しい」って思ってもらえる商品かどうか

わからないでは売上が伸びるわけがない。

自己都合でモノづくりをしている人は多い。

この商品だったら売れるとか、マーケットリサーチをせずに先にモノづくりを始める。

いわゆる職人型だ。陶芸家、画家などはマーケットなど関係ない。独自の思想でオリジナルを生み出し、

その価値が世に評価されるか否かで勝負する。しかし、ここにもお客様がいる。

私みたいな凡人にはその芸術性はわからないが、ある人から見ればその商品は卓越したものに

見えたりもする。また、アパレル、ファッション業界のようにマーケット作る出す業種もある。

「今年はストライプが流行る」などとパリのコレクションなどでモードと呼ばれる

最先端ファッションショーで発表されたものがやがてニューヨーク、東京と伝染していきながら

流行(トレンド)が意図的に生み出される。

農産物を取り扱う農業ではどうだろう?実は農業にもトレンドがある。

食の都パリで美食家たちが好むもの、ニューヨークのグルメ達が好むものがやがて日本でも流行る。

例えば以前はやったエスニック理料理などは典型的である。

代表される食材はパクチー。

5,6年前大ブームとなった。そして次に来るのは中南米グルメらしい。

ポルトガル料理やスペイン系料理。具体的にはシュラスコなどが流行ると予測できる。

そうなるとシュラスコに使う野菜はかなり需要が伸びるであろう。

作ることだけでなく買ってくれるお客さん、

食べてくれるお客さんをイメージすると次に流行る野菜が何かが見えてくる

 

山下弘幸(やましたひろゆき)プロフィール
https://drive.google.com/file/d/14fXAndWHIsvojJLG_lhzU9ET_l8jAibR/view?usp=sharing

最後まで読んでいただきありがとうございました。

現在、若手農家や農業関係者に「稼げる農業」をテーマにした講演、
セミナーを全国各地で行っています。
最新の講演、セミナー情報はコチラ

https://notera.co.jp/seminar/

農テラス主催の
農業ビジネススクールではzoomを活用したオンライン形式で

農家もできる

「ネット販売のやり方がわかる講座」や「新しい農業経営のやり方講座」
を実施しています。

詳しい講座の内容や開催日時はコチラ

農業ビジネススクール

 

私のテーマは
農業界を明るく照らす!

実践しているのは
「農を耕す」だけでなく、「脳を耕す」です

具体的には
経営感覚、ビジネス感覚に優れた農業者を全国各地に作ります。

そうすることで全国1724の市町村に
新たな農業者が生まれ、地域、農村は活性化します!

ということで、

新しい農業者、新し思考を持った農業先駆者のために

毎週メルマガ(無料)も発行しています。

ご興味ある方はこちらからご登録のほどお願いいたします。

一緒に脳を耕しましょう!

脳を耕せ!農ビジセミナー「メール講座」
メルマガ登録フォーム

https://notera-seminar.com/mz.html

 

もう、ご購読いただけましたか?
新しい農業をリードする若手農家、新規農業者におススメの1冊です

山下弘幸著
稼げる!新農業ビジネスの始め方(すばる社)

お求めはコチラからどうぞ

 


CONTACT US

只今、無料経営相談を承っております。
お気軽に御相談下さい。

電話受付:平日9:00~18:00