全国初の農業参入コンサルティング会社 株式会社農テラス。企業の農業参入や農業で起業をしたい方のコンサルティングを通して日本農業の発展を目指します。

株式会社農テラス

農テラスチャンネル

お問い合わせ 経営相談 096-286-2374

Eラーニングはこちら

MENU

農業は始めるより辞める方が難しい

2021.01.20 コラム

こんにちは農業パーソナルトレーナの山下弘幸(やましたひろゆき)です。

今回の、農テラスコラムのテーマは「農業は始めるより辞める方が難しい」について

先日後継者がいないので農業をやめたいので自分の農地と農業道具を誰かに譲りたい

とのご相談があった。

その方はずっと一人農業を実践されてこられた方で野菜作りの技術は群を抜いていた

ただ、農業に一生懸命になりすぎて生涯独身のままだった

親もなくなりいよいよ自分一人。身内も少なく万一自分の身に何か起きたら。

今のうちにこれまで人生をかけてきた自分が生きてきた証を誰かに譲りたい。

そういう思いで私に相談されて来れれたのだと思う。

農業後継者問題は40年くらい前にさかのぼる。高度経済成長からバブル景気に

浮足だっていたころ農業をやるより会社勤めの方がいい。って

農業を営む親も子も皆そう思っていた。そして農業という家業の後を継ぐものがいなくなった。

しかし、ここ10年くらいはまた農業後継者が増えてきている。

行政自治体が積極的に支援していることもあるが、一番大きいのは農業就農給付金だ。

就農後もしくは就農のための研修期間のおよそ3年~5年(条件を満たすものに対して)を

国がおカネを出して支援するという取り組みである。

この画期的な仕組みは農業という生産技術の習得には数年かかるため、農業という職に

就いてもらうにはその期間をサポートする必要があるとうことらしい。

ただ、給付金をもらって農業を始めたものの、やっぱり自分には農業は向かない。と

思ったところで農業をやめるとなれば、給付金は返済しなければならない。

使ってしまった給付金の額をサラリーマンに戻ってから返済するのはかなり厳しい。

農業は始めるより辞める方が難しい。

 

山下弘幸(やましたひろゆき)プロフィール
https://drive.google.com/file/d/14fXAndWHIsvojJLG_lhzU9ET_l8jAibR/view?usp=sharing

最後まで読んでいただきありがとうございました。

現在、若手農家や農業関係者に「稼げる農業」をテーマにした講演、
セミナーを行っています。

https://notera.co.jp/seminar/

農業ビジネススクールではzoomを活用したオンライン形式で

農家もできる

「ネット販売のやり方がわかる講座」や「新しい農業経営のやり方講座」
を実施しています。

詳しくはコチラ

農業ビジネススクール

私のテーマは
農業界を明るく照らす!

実践しているのは
「農を耕す」だけでなく、「脳を耕す」です

具体的には
経営感覚、ビジネス感覚に優れた農業者を全国各地に作ります。

そうすることで全国1724の市町村に
新たな農業者が生まれ、地域、農村は活性化します!

 

ということで、

新しい農業者、新し思考を持った農業先駆者のために

毎週メルマガ(無料)も発行しています。

ご興味ある方はこちらからご登録のほどお願いいたします。

 

一緒に脳を耕しましょう!

脳を耕せ!農ビジセミナー「メール講座」
メルマガ登録フォーム

https://notera-seminar.com/mz.html

 

おかげさまで重版決定!

もう、ご購読いただけましたか?
新しい農業を切り開く農業パーソンにおススメの1冊です

山下弘幸著
稼げる!新農業ビジネスの始め方(すばる社)

お求めはコチラからどうぞ

 


CONTACT US

只今、無料経営相談を承っております。
お気軽に御相談下さい。

電話受付:平日9:00~18:00