全国初の農業参入コンサルティング会社 株式会社農テラス。企業の農業参入や農業で起業をしたい方のコンサルティングを通して日本農業の発展を目指します。

株式会社農テラス

農テラスチャンネル

お問い合わせ 経営相談 096-286-2374

Eラーニングはこちら

MENU

野菜価格が低迷からの脱却

2020.11.27 ブログ

葉物野菜が低迷しています

理由は天候が良好だったこと

天候不順が続けばマーケットの引き合いは強くなり市場価格は高騰します

天候良好が続けばどの産地でも潤沢にモノが溢れマーケットからの引き合いは弱まり市場価格が下落します

 

天候が良くても、悪くても

農業には良い結果がは生まれません。

 

では、この野菜価格低迷から脱出するにはどうすればよいのか?

 

答えは3つ

1、マーケットとつながる

2、マーケットの要望に合わせて生産する

3、価格下落に耐えうる原価コストを抑える

 

まず、マーケットとつながっていなければ

この状態から抜け出すことは難しいですよね

 

また、そのマーケットの要望に合わせて生産しないで

自分勝手に種まいてはいけませn

 

あくまで、相手の要望の即した生産を心がけましょう

 

でも、マーケットの都合で生産なんてできないよ~って

 

言われるかもしれません。

 

確かにそうですよね。工業製品見たいにそんなに都合よく

生産できるわけはないって

 

そうなると

 

方法は3の価格下落に耐えうる原価コストを抑えることです

 

あなた農産物1kgを生産するにかかっているコストはいくらですか?

 

1個当たりの原価はいくらですか?

 

1袋当たりの原価はいくらですか?

 

1箱当たりの原価はいくらですか?

 

 

いかがでしょうか?

 

 

答えられますか?

 

自分が作っている農産物の原価がわからずに

 

野菜価格が暴落したって騒いでいても

 

自分で解決できることは

 

一つしかありません

 

 

それは

 

自分の農産物の生産コストを見直すこと

 

原価計算の仕方がわからない方や

コストの見直し、コストの下げ方など

 

アドバイスが欲しい方など

 

ご相談に応じています

 

初回無料相談をやっていますので

 

お気軽にご相談ください

 

ご相談はこちらからどうぞ

お問い合わせ・無料経営相談

 

CONTACT US

只今、無料経営相談を承っております。
お気軽に御相談下さい。

電話受付:平日9:00~18:00