全国初の農業参入コンサルティング会社 株式会社農テラス。企業の農業参入や農業で起業をしたい方のコンサルティングを通して日本農業の発展を目指します。

株式会社農テラス

農テラスチャンネル

お問い合わせ 経営相談 096-286-2374

Eラーニングはこちら

MENU

脳を耕せ!農ビジセミナー「メール講座」第38号

2020.07.15 ブログ

私なら、今からの時代をこう読む

 

脳を耕せ!農ビジセミナー「メール講座」
いつもご覧いただきありがとうございます。

農業界を明るく照らす
農業パーソナルトレーナーの山下弘幸(やましたひろゆき)です。

 

2020.4.30

さて、今回は 「時代予測」についてお話したいと思います。

先日、私が参加したzoom会議で得た情報をお届けします。

この会合は私にコンサルタント業を指導してくれている仕業、コンサルタントを
育成プロデュサーの松尾先生が主催したオンライン会議で、参加者は医者、弁護士、
税理士、元オリンピック選手、資産運用コンサル、大学教授からフィットネストレーナー、
接骨院の先生、心理カウンセラーやIT社長、上場企業の役員までとにかく幅広く、
私と同様に各業界でプレイヤーとしてだけではなくコンサル業として活躍されている
方々です。

メディアにも多く露出されている方ばかりですが、
今回は北はドイツのミュンヘンから、国内では埼玉、東京、神奈川を始め、
大阪、岡山、岐阜、広島まで、さらには九州で私が熊本で南は沖縄からの参加がありました。
今はオンラインを使って瞬時に世界中の人とつながり情報をリアルタイムに共有できる
新ためて時代が変わったってこと実感できる会合でした。

ということで、今回はその時に得た情報の一部をメルマガをご覧いただいている
方だけにお届けいたします。

【目次】
第1章 コロナ感染はいつ?収まるのか
第2章 会社がどんどん潰れている!
第3章 仕事がなくなる人たちはどうなる?

——————————————————————————————————-
第1章 【コロナ感染はいつ?収まるのか】

コロナ渦は今後どうなっていくのか。元防衛医科大学ドクターで現在循環器科の第一線で
活躍されているU先生によるとコロナの感染の大きな要因がわかったということです。
まだ発表されていませんが、どうやら感染力が強いのは若者よりも高齢者だということ
らしいのです。

これには驚きました。若者は症状が出にくいため知らないうちに若者が被害者となって
感染者を増やしていると言われていますが、実は高齢者の感染力の方が強いというのです。

これからの時代
若い世代は非接触文化に対応できるでしょう。

なぜなら、すでにオンライン社会に
順応できているので買い物もネットですませ、コミニュケーションもオンラインで
対応しています。

しかし、
これからの時代免疫力の少ない高齢者は非接触型の新たな時代に対応することが
難しくまして、感染力も強いという。

同氏によれば今年11月ごろに感染拡大の恐れがいったんなくなりまた2月ごろに感染が
拡大し始めるのではないかと。

これらの時代予測を踏まえて、現在
私も関係者に非接触型のオンラインを使った会合やお客様とのやり取りの仕方、感染を
予防しながらビジネスを構築する方法を教えています。

※ご相談は随時受付ております。個別対応となりますのでメールにてお申込みください

お問い合わせ・無料経営相談


——————————————————————————————————-
第2章【会社がどんどん潰れている!】

弁護士で税理士で社会保険労務士であるM先生は多くの上場企業の顧問をされてます。
今、会社が生き残るために何をすればよいのかお聞きしました。

「山下さん、今東京の企業はやばいですよ。
GW明けにどんどん会社はつぶれていくでしょう。」

隣にいた税理士で関東圏内に多くの中小企業のクライアントを持つY先生が間髪入れずに
話に割り込んできた。

「M先生、違います。もうすでに多くのお店が店をたたんでいます。」

東京駅のある八重洲にオフィスを構えるY先生は毎日お店がつぶれているのを目の当たりに
している。

「これじゃ産廃業者だけが儲かるわね」

「M先生、これから企業はどうすればいいんですか」

「山下さん、残念ながらこれからは体力勝負となるでしょう」

「現金が底をついたところからつぶれていきます。」

「でも国が補助してくれるんじゃないんですか?」

「いくら国が補てんしてくれても焼け石に水。いくら日銀がお札をじゃんじゃん刷って
ばらまいてもそれには限界があります。これまで内部留保ができていない企業は
正直厳しいですね」

「これからインフレになるって見方もあるんですが、どう思います?」

「いま、関東飲食業はすべて崩壊寸前です。

これまで750円のランチをテイクアウトで持って帰ってもらうために500円で提供しないと
売れないんです。

つまりお客さんが来るべき不況を肌身に感じていておカネを使わないようになっている。
つまり、インフレになりにくいんじゃないかって思っています。」

「現に、今こうしてzoomを使って飲み会やっているじゃないですか。
これって缶ビールとおつまみを自分で買ってきてるから700円くらいしか使ってない
ですよね。」

「でも今までちょっと飲み会に参加すれば3000円~5000円はかかっていたでしょう?
後輩を連れ行ったりすると1万~2万は一晩で使っていた。」

「それが700円で済むんですよ。」

「仮にコロナが終息しても今までのように
顔を突き合わせて会合したり、飲み会したりってのは“よほど大事な人とだけ”って
なるんじゃないのかなー」

「人間って
“べんり、かんたん、きもちいい”ことってが好きですからね。

こんなに便利で簡単に気持ちよく飲めるんだったら
わざわざ居酒屋に行かなくなるんじゃないんですか?」

※ご相談は随時受付ております。個別対応となりますのでメールにてお申込みください

お問い合わせ・無料経営相談

——————————————————————————————————-
第3章【仕事がなくなる人たちはどうなる?】

この会合に参加している人たちは今の時代を悲観的に捉えていない。
ちゃんと時代の流れを見据えて先手を打ち、時代を待ちか構えている。

もちろんコンサルタント業の人たちだから当然といえば当然だが。

私も農業コンサルタントである。だから有益な情報を得るために時間と労力とおカネは
惜しまない。そのために経済、社会の動きには敏感に対応している。

今回、参加された皆さんが口にする共通のキーワードは

「これまで予測していた時代、社会の変化が急速に来た」

私も全く同感である。
予測していた未来が一気にスピードを上げてやってきたってこと。

これまでの常識はヒトと人が密に接触することコミニュティが築かれ、そこに
ビジネスが生まれ、仕事が生まれていた。

しかし、非接触型の時代へと急速に変わろうとしている今、
対応できない人が一気に仕事がなくなるというのだ。

では、その社会変化に対応できない人はどうすればよいのか。

答えは「対応できる人が支える」

農業は生産業であるがゆえに、非接触型社会、オンライン社会になったところで
何も変わらないって思っていらっしゃる方が多いかもしれない。

しかし、社会が変わると農業も変わります。

もし、変わらないのであれば農業は社会から追いて行かれます。

そうならないために社会に順応できる農業者を育成していく。
それが私の役割だと思っています。

※ご相談は随時受付ております。個別対応となりますのでメールにてお申込みください

お問い合わせ・無料経営相談

——————————————————————————————————-
【後述】

最後までご覧いただきありがとうございました。
上記内容に関してはあくまで山下弘幸個人がもつブレーンから得た情報です。

賛否両論あると思いますので、決してこの情報を鵜呑みにされるのではなく

読者自身が自ら信頼のおける情報を取りに行くようにしてください。

さて、

今回は農業に関する内容に触れませんでしたが、これらの情報をもとに
農業者はどう対応すればよいのかについて

私のYoutubeチャンネルにてLIVE動画を配信します。

5月2日(土)13:30~
農テラスチャンネルにて以下の内容でセミナーを開催いたします。
どなた様も無料でご視聴頂けます。
また、リアルタイムでチャットによる質問もお受けいたします。

是非ご覧ください

【第19回農ビジセミナー】
5月2日(土)13:30~
1、 今、事業拡張すべきか?
2、 今、雇用型に移行すべきか?
3、 今、補助金借り入れをしてまで設備投資すべきか
4、 今、JAを離脱してまで販路拡張すべきか
5、 今、結局、何をすべきか

農テラスチャンネルのご登録は
こちら(無料ですよ)
https://www.youtube.com/channel/UCzkSXEdWvWxFe3KvYvlT40A?view_as=subscriber

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【無料オンラインコンサル、農業ビジネス相談 受付ます!】
今集めている情報を基に今何をすべきか、どう対応すべきかなど、
事業者様のケースに合わせてアドバイスさせていただいております。

時柄3蜜を避けなければいけませんので
オンライン上でコンサルティングを行っております。

この3つの取り組みを基にどう対処していくべきかを
個別にご相談に応じています。
これも私自身3つの取り組みの一環です。

個別にオンラインコンサルティングを受けたい方はコチラをご覧ください

初回無料です。お気軽にご相談ください。必ずお役に立つ情報を提供できると思います。

【コンサルティング内容】
無料で使えるオンラインTV会議アプリ「zoom」を使って
顔を見ながら、モニター上で同じ資料を見ながら、まるで目の前にいるかのように
話ができる今はやりのシステムを使います。
現場の様子やデータを共有しながら今何をすべきかをアドバイスいたします。

オンラインコンサルティングの様子はコチラ

【zoomの使い方がわからない方にへ】

ZOOM 使い方はコチラ
<Zoom操作説明書>

①管理者向け(PC版)
http://pled.jp/zoom-admin-pc.pdf

②管理者向け(スマホ版)
http://pled.jp/zoom-admin-sp.pdf

③お客様・ユーザー向け(PC版)
http://pled.jp/zoom-user-pc.pdf

④お客様・ユーザー向け(スマホ版)
http://pled.jp/zoom-user-sp.pdf

zoomは管理者として会議を開くこともできるし、
参加者として会議に参加することもできます。

※このマニュアルは私の友人である㈱プレジャーデザイン西尾さんから許可を得て
添付しています。メルマガ読者の方のみに配信しています転送しないようにしてください。

——————————————————————————————————-
【お知らせ】
Zoomを使った農ビジセミナーも計画しています。

皆さんこの機会に是非、「zoom」が使えるようにしてみてください。

よろしければ、一度、私とつないでみましょう!

繋いでみたい方は事前に電話もしくはメッセンジャー、メールでお知らせください。
9:00~18:00までの間にやりましょう!
土日祝日ででもよいですよ(^^♪

————————————————————————-
■ご意見、ご感想、農業に関するご相談などお気軽にお寄せ下さい。

お問い合わせ・無料経営相談

少々お時間いただくかもしれませんが必ずご返答させていただきます(^^♪

—————————————————————————————–
【農ビジセミナーインフォメーション】

■【第19回農ビジセミナー】

農業経営戦略

~激動の時代を生き抜く方法~

5月2日(土)13:30~
1、 今、事業拡張すべきか?
2、 今、雇用型に移行すべきか?
3、 今、補助金借り入れをしてまで設備投資すべきか
4、 今、JAを離脱してまで販路拡張すべきか
5、 今、結局、何をすべきか

参加無料
農テラスチャンネルで検索してください(^^)/

—————————————————————————————-
■農ビジセミナーが会場に行かなくても観ることができる!
youtube動画サービス 配信中

「農テラスチャンネル」をご覧になりたい方はコチラ
https://www.youtube.com/channel/UCzkSXEdWvWxFe3KvYvlT40A/videos

—————————————————————————————-
【山下弘幸著書】
■農業ビジネスを本で学びたい!書面で学びたい方におススメ!
稼げる!新農業ビジネスの始め方(すばる舎)
お求めは「Amazon山下弘幸」で検索して下さい

■東洋経済オンライン記事
https://toyokeizai.net/articles/-/105364
https://toyokeizai.net/articles/-/244790

CONTACT US

只今、無料経営相談を承っております。
お気軽に御相談下さい。

電話受付:平日9:00~18:00