全国初の農業参入コンサルティング会社 株式会社農テラス。企業の農業参入や農業で起業をしたい方のコンサルティングを通して日本農業の発展を目指します。

株式会社農テラス

農テラスチャンネル

お問い合わせ 経営相談 096-286-2374

Eラーニングはこちら

MENU

脳を耕せ!農ビジセミナー「メール講座」第30号

2020.07.14 ブログ

農業だけじゃない、サラリーマンも成果報酬型が始まった。

 

脳を耕せ!農ビジセミナー「メール講座」
いつもご覧いただきありがとうございます。

農業界を明るく照らす
農業パーソナルトレーナーの山下弘幸(やましたひろゆき)です。

 

2020.3.5

今回は自分で経営をしている農家さん、

事業主様、中小零細企業の社長さんに役立つ情報です。

逆に、お勤めされているサラリーマンの方には衝撃的な内容です。

長文になりますので動画でご覧になりたい方はコチラ
メルマガご登録されている方のみの特典動画になります

さて、
農家はある意味在宅ワークで成果報酬型です。

これがサラリーマンにはできない

自営業のだいご味でもあり、

安定的な報酬がないリスクでもあり

頑張ればサラリーマン以上の報酬も得られる

メリットでもあります。

どころが、
サラリーマンにも
これから成果報酬型が始まります!

衝撃的な話ですが、

これから誰もが安定的にお給料をもらえる時代ではありません。

つまり、会社に勤めていれば一様にお給料をもらえていた時代から

頑張った人は頑張ったなりに、

頑張っていない人は頑張っていないなりにもらえる時代になるのです。

ということは

実力社会、成果報酬の典型的な農業と社会が似てきているのではないかということです。

農業は言わずと知れた成果報酬型です、そして実力社会です。
例えば
10aを耕すことができる農家と
100aを耕すことができる農家では
報酬は100aを耕すことができる農家が多いモノです
また、10aだけしか耕すことができなくとも
ダイレクトにお客様に商品を届ける仕組みを作って

末端価格で売ることができるなどのスキルを持っている農家も報酬は高くなります。

つまり、たくさんの面積を耕作できる実力を持つか、

新しい流通の仕組みを作る実力を持つ農家が報酬は高いのです。

※ですから、農テラスではこの二つの実力(スキル)を上げるための

セミナー、スクールを開催しています

さて、ここからが本題ですが、今大きく時代が動こうとしています。

コロナウイルスで世の中は学校休校、イベント中止とあらゆる自粛規制がなされるなか、

大手企業も、社員に出勤させない在宅勤務を命ずるところも多く見られ始めました。

つまり、

出社しなくても自宅で仕事をしてくれというものです。

そこで疑問なのが、

果たして、会社に出社しなくても仕事ができるのでしょうか?

答えは yesです

現在はネット環境が整っていれば会議もtv会議でできますし、

情報の連絡は一斉メールでできます。

私が、以前、ベンチャー企業にいたときのことです。

隣のデスクの人に伝達したことがあって

仕事の要件を伝えようとしたときに

「あ、それメールでちょうだい」って言われて驚いたことがあります。

「いやいや、隣にいるのだから、今ここであなたに伝えた方が良いじゃない」

ところが、こう切り替えされました。

いや、違うんです。

今ここで私が山下さんから得た情報は

仕事の情報で他の人も知っておくべき情報です。

だから、ほかの人にも伝えなければならないでしょう。
そうであれば

文書化、データ化して

社内の人々に一斉メールするか、

私にメールして他の人にはccで共有させてくれた方が、

合理的で、効率が良い、さらに情報の共有が確実にできるし、伝達ミスが起きない
じゃないですか。

なるほど・・・

農業界でまだまだメールで情報を発信するという慣習がないのでぴんと来ないかも
しれませんが

現在は

大概の仕事は電話よりもメールやチャット(LINEみたいに文字でリアルタイムに
やりとりすること)で

済ませているのです。

つまり、会社にいても結局はネット上でやり取りすることが多いため

会社に出社しなくても仕事ができるというのは可能であると考えています。

既に私も会社に行かずに仕事をし始めて10年目を迎えます。

またまた、話が飛んでしまいましたが、

このように現在の社会において今やネット上で情報のやりとり、会話、情報共有は
当たり前で

ネット上でつながっていれば文書もデザインもデータもすべて共有できる時代なのです。

もちろん、報告書も先方への納品書、請求書、領収証など

事務的なこともすべてです。

そうなると、

わざわざ会社に勤務して仕事をしなければ成り立たない人はかなり少ないのかも
しれません、

考えてみれば

営業などのフェイスツーフェイスで仕事をしなけれいけ人

実際にお客様に商品、サービスを店頭で売っている人

食べ物を供給していいる人

レジを担当している人

ごみを取集している人

などなど

結局は移動して会社に行ったりお店に行ったりお客様のところに行ったり
しなければいけない人が

たくさんいるような気がしますが、

最近では

営業も今ではweb上でやり取りするwebマーケティングが主流になってきましたし、
(webマーケティング参照 https://www.youtube.com/watch?v=8nqOeNCd4bo)

実際に店頭でモノをサービスを売っているのもネット上で買い物ができたり
サービスを受けられたりもするし、

食べ物はウーバーイーツが届けてくれる。
(ウーバーイーツ:https://bitdays.jp/maas/delivery/uber_eats/)

レジは無人化し(ローソンが無人レジを今年夏から始めます)

ゴミは出ないように工夫され始めています(コンビニレジ袋有料化が秋から始まります)

学校も今回の一件でweb、タブレットを使った在宅学習が現実味を帯びてくるでしょう。

病院も5Gが普及すれば遠隔治療も可能になります。

などなど・・・

つまり、人々は移動しなくても仕事ができるようになってくるのです。

実は今回のケースは企業も国も一気にネット上で仕事や教育ができるような

Society 5.0へ移行するために意図的にやっているような気がしています。

※あくまで個人的な見解です

society5.0の用語解説はコチラ

「Society 5.0」はもう始まった?5分でわかるSociety 5.0の詳細と実現の具体例

話があちこち飛びましたが、

こうなると困るのが

従業員の管理です。当然、在宅ワークをすればさぼる人も出てきます。

仕事をしないで遊んでいる人も当然出てくるでしょう。

そうなると管理する経営者側は目が行き届かなくなるので

会社側、企業側は
成果を示す、結果がわかるような仕事を求めてきます。

つまり、会社に何時間いたからいくら払いますよっていう

時給・日給・・月給換算ではなく

その人がどれだけ会社に貢献したか、どれだけお客様に喜ばれたか

どれだけ社会に役立っているかなどを指標とする評価の仕方に

変わってきています。

既にこのような評価基準を企業に定着化させる人事評価制度を活用した企業が
増えていますし、人評価制度の仕組みを供給する会社まめっちゃ伸びています。

現に、このような評価基準を企業に供給する

人事評価システムの会社は今ものすごい勢いで伸びています。

このような背景から

本当の働き方改革の真骨頂であるエンゲージメントを上げる働き方に
世の中がスライドしていっているのです。

※すみません。難しいカタカナばかり出てきてしまいますが、

重要なキーワードなのでこちらで検索してください

エンゲージメント:https://jinjibu.jp/keyword/detl/176/

話が長くなってきましたが、

会社はこれまで一様に社員給料を払ってきましたが、おそらくこれからは

能力給に変わります。

つまり、成果報酬型にどんどん変化していくのです。

これまで実力がないのに年齢が上だ、経験があるというだけで

給料をたくさんもらっていた人たちは

これからはそういうわけにはいかなくなります。

実力に応じた成果報酬の時代になるからです。

こうなると、喜ぶのは実力がある人

悲しむのは実力のない人です。

スキルがなければ稼げない、スキルがある優秀な人は稼げる

学歴も家柄も関係ない

社会に貢献できる、企業に貢献できる、お客様に貢献できる

稼げる人財が活躍できる時代になるのです。

これって農業と全く同じです。

農業もスキルがなければ稼げない、スキルがある人は稼げます

学歴も家柄も関係ない。

自分の専門性を高め

お客様に喜ばれる人だけが稼げる時代なのです。

いかがでしたでしょうか。

農業で稼げないって嘆いている人は
今から農業をやめてサラリーマンいなるのも良いかもしれません。
しかし、サラリーマンも成果報酬型になります。

そういう時代には私たち農家的な人材は重宝されます。
なぜなら、
自ら稼ごうって思考があるからです。

自ら考えて、自ら企画し、自ら決断し、自ら実行している
農家的な人材は

これから社会で一番求められる人材なのです。

————————————————————————-
■ご意見、ご感想、農業に関するご相談などお気軽にお寄せ下さい。

お問い合わせ・無料経営相談

少々お時間いただくかもしれませんが必ずご返答させていただきます(^^♪

—————————————————————————————–
■次回 農ビジセミナーは以下を予定しております。

但し、コロナ感染が収束しない場合は延期するかもしれませんので
予めご了承のほどお願いいたします。
以下、農ビジセミナーの申込み受付は状況を見ながら改めてメルマガ、HP、snsで
ご報告させていただきます。

1、 法人化の仕方、会社の作り方、人材育成の仕方について
(規模拡張、雇用型農業を目指す方向け講座です)

日時:3月14日(土)13:30~16:30
会場:農テラスセミナールーム
住所:熊本県合志市御代志高良木499-3 フレッシュダイレクト選果場2階

定員:20名

会費:3000円

2、 webサイトで自社商品を売る方法、自社店舗の作り方、個人向け販売、集客の仕方
(直接お客様に販売したいBtoC型農業を目指す方向け講座です)

日時:3月21日(土)13:30~16:30

会場:農テラスセミナールーム
住所:熊本県合志市御代志高良木499-3 フレッシュダイレクト選果場2階

定員:20名
会費:3000円

—————————————————————————————-
■農ビジセミナーが会場に行かなくても観ることができる!
youtube動画サービス 配信中

「農テラスチャンネル」をご覧になりたい方はコチラ
https://www.youtube.com/channel/UCzkSXEdWvWxFe3KvYvlT40A/videos

—————————————————————————————-
【山下弘幸著書】
■農業ビジネスを本で学びたい!書面で学びたい方におススメ!
稼げる!新農業ビジネスの始め方(すばる舎)
お求めは「Amazon山下弘幸」で検索して下さい

■東洋経済オンライン記事
https://toyokeizai.net/articles/-/105364
https://toyokeizai.net/articles/-/244790

CONTACT US

只今、無料経営相談を承っております。
お気軽に御相談下さい。

電話受付:平日9:00~18:00