全国初の農業参入コンサルティング会社 株式会社農テラス。企業の農業参入や農業で起業をしたい方のコンサルティングを通して日本農業の発展を目指します。

株式会社農テラス

農テラスチャンネル

お問い合わせ 経営相談 096-286-2374

Eラーニングはこちら

MENU

脳を耕せ!農ビジセミナー「メール講座」第1号

2020.07.14 ブログ

脳を耕せ!農ビジセミナー「メール講座」
いつもご覧いただきありがとうございます。
農業パーソナルトレーナーの山下弘幸(やましたひろゆき)です。

2019.8.16発行

皆様

台風10号が各地に雨風を吹き散らしておりますが被害なかったでしょうか。
お盆を過ぎて台風が過ぎると気候も変わると言われています。これから収穫の秋、
農繁期に入る準備に大忙しの事とお察しいたします。

さて、今回は農業ビジネススクールの無料公開講座のご案内です。
現在、若手、中堅農業者コースを実施しております。

若手、特に中堅農家さんの一番の課題は「雇用」。
規模拡張に伴う『新規雇用』とか、これまで親が手伝ってくれていたけれど、
そろそろ高齢だからいつまでも頼るわけにはいかないっていう『代替え雇用』、
中には自分の農園を自分の子供(息子、娘)には経営を譲らずに、第3者に譲りたい
『譲渡目的雇用』なんてのも。

いずれにしても単に人手が足らないから雇う『労力雇用』以外でも多くの雇用問題が
あるようです。

特に中堅農家(私と同世代)では
卒業後そのまま親元就農したため、これまで他人に雇われる経験がないまま家族以外を
雇用するので雇い慣れしておらず、
雇用型にシフトした後に「こんなはずではなかった」と問題に直面する傾向が多いようです。

また、就農する前に雇用されていた経験があっても部下を使っていなければ人を使う立場が
どんなものわからないため従業員の気持ちが理解できずコミニュケーション不足になってしまい
従業員が去っていくケースも少なくないのです。

実際に雇用を始めてから、従業員、パートが思い通りに働いてくれない、給与、働く時間で
トラブった、パート同志の仲が悪い、あてにしていた従業員が突然やめると言い出したなど
農業経営者の悩みは尽きないようです。

これからの農業はどんどん人員が不足していきます。今のうちに良い人材を確保することが
農業競争に勝ちぬける秘訣だと思います。

皆さんも安心して農業経営ができる体制を整えておきましょう!

CONTACT US

只今、無料経営相談を承っております。
お気軽に御相談下さい。

電話受付:平日9:00~18:00