新着情報

What’s new

物語 2024.04.30

『支配』全21話 ―第13話― 「出頭」

こんにちは。農家著述家の山下弘幸(やましたひろゆき)です。

本業は農業。現在は農業コンサルタントとして全国の農業者のサポートを行っています。

また、農業講演家として講演、講座、研修、セミナーなど全国各地に呼んでいただいています。

日頃は、全国農業者のオンライコミュニティ農ビジ会や農業ビジネススクール運営

youtube(農テラスチャンネル)などで農業経営・農業ビジネスの最新情報をお届けしています。

 

さて、今回の山下弘幸の書下ろしストーリーは

『支配』全21話 13 「出頭」

主人公は生まれも育ちも仕事も農家の「カワカミトシロウ37歳」

家業の農業を離れひょんなことから企業に入社する。

だが、そこで待ち受けていたのはこれまで経験したことがない試練の連続だった

『支配』全21話 13 「出頭」

この物語はフィクションであり、実在の人物・団体とは一切関係ありません。

 

前回までのあらすじ。

曰くつきのこの会社は闇だらけで社内はA派とB派の真っ二つに分かれていた。そして知らないうちに私はB派に入れられていた。がしかしその権力争いで優勢だったBはあっけなく失脚した。逮捕されたのだ。

 

社内は騒然となった。次期社長になるかもしれないと呼ばれる役員が逮捕されたのだ。

連日警察が会社にやってきて社員全員から聞き取りが行われ、事務所内も家宅捜査が行われた。

 

もはや仕事どころではない。

 

この会社はいろいろあり過ぎる。フツーに農業だけやっていればこんなことに巻き込まれずに済んだはず。

しかし、これもまた経験である。ドラマでしか見たことない本物の刑事が目の前で会社の書類を段ボールに詰め込んで

行った。

 

パトカーがパトランプ回転さながら会社の駐車場に数台止まる。近所の人も何事かとやってきてその時は騒然となった。

マスコミは「会社役員が暴行で逮捕」とだけ報道され社名は表に出なかった。

 

事件は何とかこれで終わりかと思ったが、その後まさかの展開となった。

 

「カワカミさんですね。南署の者です。一連のB氏の件で署までご足労願えませんか?」

 

「え“-っ?私?」「いやいや、なんで私が疑われているの?」

 

「ハイ、あくまで参考人としてです。ので出頭願います」

 

人生いろいろあるとは思っていたが、まさか自分が警察署に出頭するなんて。努々思ったことはない。

 

どんな容疑で何を疑われているのかよくわからないまま私は南署に連行された。

 

通されたのは「取調室」。おいおい!本気かよ!取調室って。

何も疑われる筋合いがないのでこの際だからとドラマで見ていた取調室とどう違うのか見てやろうと

きょろきょろしていた。

 

「警察に取り調べられるのは初めてですか?」

「ハイ。」って言うか、初めてに決まってんだろ!心ではそう思ったが口にはしなかった。

そして次の瞬間、耳を疑った。

「オタクの社長が、是非カワカミも是非調べてくれと言われましてね」

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

【農業ビジネス書籍・執筆を依頼されるご担当者様へ】

 

山下弘幸著 稼げる新農業ビジネスの始め方(すばる舎)

中国語翻訳版が中国で出版されました!

 

本書は新しい農業にチャレンジする新農業パーソンを

リクルートする内容となっています。

農業実務者の方やこれから農業を始められる方、

農業指導をされる方に是非読んでいただきたい内容となっています。

 

山下弘幸著
稼げる!新農業ビジネスの始め方(すばる社)

中国語翻訳版

お求めはコチラからどうぞ


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

山下弘幸(やましたひろゆき)の自己紹介です

笑って泣けるストーリーが満載です。

悩んでいる農家の皆さんに是非読んでいただきたい物語です

 

山下弘幸ヒストリー① 卑屈な幼少時代

https://notera.co.jp/news/3158/

 

山下弘幸ヒストリー② 親との確執

https://notera.co.jp/news/3160

 

山下弘幸ヒストリー③ 人を育てる農家になる

https://notera.co.jp/news/3164

CONTACT US

お問い合わせ

只今、無料経営相談を承っております。
お気軽にご相談ください。